2月1日 研修交流会レポート③ 第4分科会編

3回目は
第4分科会「高齢聴覚障害者の福祉の現状」
~支援センターほほえみのあゆみとこれから~
のレポートです。



協会事務局長よりパワーポイントを作ってのお話です。
最初は職員2人、仲間5~6人でのスタートでした。
わずか10年の間に作業所をはじめ
菓子工房、カフェ、地域活動センター西・厚別、
ヘルパーステーション、グループホームなど建ち上がり、
今年は手稲稲穂にサービス付き高齢者向け住宅が
建つ予定だそうです。
入居するろう者、また重複障害者が
安心して生涯暮らせる所になってほしい
と話を聞いて思いました。

後半は地域活動支援センター職員のお話でした。
そこには、聞こえないだけでなく
重複障害の方も通っています。
そこを「手話を覚えよう」と学びの場にするのではなく、
話を聞いて共感すると言う気持ちで関わってほしい。
その場では口だけでなく
常に手も一緒に動かしてほしい
との事でした。
何を話しているんだろう?私の悪口かな?と
受け取られる事もあるので注意して欲しい
とのお話です。
サークルでも同じですネ。
手話がわからない時には身振りでも通じます。

協会の福祉クラブ「ほほえみ会」(現・とも)の会員であり
「ほほえみ共同作業所」作る会の実行委員のメンバーにも
入っていましたので、
今このように大きくなった事には
職員の努力と協会の理解と協力があっての事
と思って聞いていました。
立ち上がった時からのボランティアとしては
話の内容は良くわかります。
これからも微力ですが
関わりは続けて行こうと思っています。

                  ( by HOTOさん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック