「耳の日のつどい」に参加しました!

3月1日、ろう協会の行事である
「耳の日市民のつどい」がありました。
サークルから8人が参加しましたよ。
感想を一部ご紹介します。



『とにかくすごい!』です。三浦家ハンパないです。
三浦雄一郎さんの70歳でのエベレスト登頂も驚くのに
その後75歳、80歳でまたしても登ってしまうとは。
そして三度あることは四度あるかも

はぁ・・・と感心していたら、雄一郎さんのお父さんの
敬三さんは99歳でモンブランの山から
スキーで滑走されたとのこと。
えぇ!?自分に置き換えて考えることが
まったくできない。。。

Wikipediaで敬三さんを検索してみたら
"酸ヶ湯温泉における「混浴を守る会」の
男性側代表をつとめていたことがある"そうです。
おもしろいなあ、三浦家!
  
                ( by さんこさん



札幌に住んでいると
三浦雄一郎氏の名前を聞く機会も多く、
恵美里さんの講演を興味深く聞きました

3人の子供たちは12才で留学
携帯もインターネットも普及していない時代に
送り出す事はとても大変なことだったと思います

                  ( by 花組さん



記念講演の講師は80歳で
エベレストに登頂した三浦雄一郎氏の
娘さんの三浦恵美里氏です。

「父を支えた家族の絆」がテーマで、
臨場感たっぷりの映像あり、
お話の内容も興味が持てておもしろかったです。

父も祖父も家族の皆がチャレンジャーの一家で、
普通の家族とは違います。
色々と大変な事も多かったでしょう。

講演の中で一番感銘を受けたのは、
危険を伴うので家族としては
普通は「心配する」ところですが、
それを「信頼する」ことにしたと言われた事です。
いつもハラハラドキドキさせられる家族だからこその
言葉だと思います


アトラクションとして、
北海道石狩翔陽高等学校ボランティア局の
手話パフォーマンスが行われ、
手話言語法応援歌バージョンとして、
ソーラン節を手話で表現しました。

手話言語条例が実現した石狩市にある
高校だからこそのパフォーマンスで、
よい試みだと思いました。
高校生の「伝えよう」という思いが強く感じられて、
たのもしい気がしました

                   ( by moti-Tさん )

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック