「地名&観光地」連動コラム その3

3回目は手話ガイドについてです。

以前、別の手話サークルで、
N市のKビール工場に見学に行ったときのこと。
なんと手話ガイドさんがいらっしゃったのです

案内も製造工程の解説ぜーんぶ手話
ガイドさんご自身が手話で説明してくれるので、
手話通訳は不要
ダイレクトにやりとりできる快適さ
がありました。

ふと思いました。
「ここ札幌近辺はどうなんだろう?」

I製菓、チョコで有名なR社、清涼飲料水最大手のC社、
Kビール社、Sビール社
・・・うーむ、無さそう。

そんな中、1社だけ発見しましたよ
アサヒビール(株)北海道工場
https://factory.asahibeer.co.jp/reservation/?area=hokkaido
平成12年のニュースリリースに、
手話案内を始めた経緯が書かれていました。
「全国ビール9工場
   工場見学バリアフリー対応の実現」

http://www.asahibeer.co.jp/news/2000/0822.html
今も全国すべてのビール工場(現在8カ所)で
手話案内を実施しているそうですよ!
行ってみたいなあ~
美味しいビールにももちろん期待大


そういえば、
去年サークルで行った防災センターには
手話ガイドがありませんでしたね。
映像に字幕も無かった
札幌にある同様の施設を他にも調べてみましたが
青少年科学館、資料館、北海道立近代美術館、
・・・ここも手話ガイドは無さそうでした。

東京国立博物館には、
月に1回ボランティアによる
「手話通訳付きガイドツアー」
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=128
があるそうです。

調べた限りでは見つけられなかったけど、
札幌でもこのような取り組みはあるのかしら?
「知ってるよ~という方、ぜひ教えてくださいね




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 1月16日例会編

    Excerpt: 今日はレベル別の学習です。 それも初級・中級・上級!! 3つにグループ分けとはめずらしい試みです Weblog: 手話サークル北斗星 racked: 2015-01-31 06:32